ブログ

果てしない波

嵐のような一日でした。

命のはかなさ
計り知れないもの
いろいろなものが嵐のように訪れた時間。

そして、社会のありさまを、ありありと感じた時間。

白骨の章 そのままの時間。

でも、私よりもっと身近なところにいらっしゃる皆さんは
もっと、もっと、大変な時間を過ごされたことでしょう。

わかってあげられなかったことを悔やみ
眠れない方も多いことでしょう。
無力さに涙していらっしゃる方も多いことでしょう。

それでも、生きていかなければなりません。
生きることでしか、その消えた命を活かすことはできない。
そして、
生き方を変えなければなりません。
その命が活かされるように。

何がどうなったのか、未だわかりません。
でも、きっと夢見ていたこともたくさんおありだったと思います。

「物質的な発明に心酔した人類が勝ち誇るにつれて、
私達の日々の活動に織り込まれている「知性」としての太陽の実在性に、
現代人はより一層盲目的になっていきました。」

マヤンファクターの一節です。

「技術発明に致命的なまでに熱狂する私達は、光の力に背を向け、
宇宙の共同創造者としての自らの可能性を無視していますが、
このことを理解しない限り、自らが招いた結末から逃れることはできないでしょう。
私達は小細工ばかりに目を向け、私達の内に秘められた回路構成、
太陽神、アハウ・キネスを通じて太陽に直接つながっている私達の
生体電磁気的な回路に潜む力を認めようとしないからです。
そのために私達は物質主義の落とし穴で労苦に喘ぐことになっているのです。
5次元のガイドからも見放され、「魂」と呼ばれる
4次元の光体の存在さえも目に入らなくなっており、
3次元の物理的な服とだけ一体化してしまった物質的な人間は、
自らが作り出した暗闇の中で影のような進路をたどっています。」

マヤンファクターは、歴史の中で見落とされていたファクターです。
そして、歴史上の最適な瞬間に陽の目をみるように仕組まれ、
今、私たちはそれを手にしているのです。
今、人類の命運に関わる法則の手がかりが隠されているのです。

今、私たちの身の回りで起きていることは
無数に起きているただの偶然ではなく
行き当たりばったりの現象でもなく
紛れもなく、歴史のサイクルの中にいることの表れです。

私たちは、新しい時代の夜明けを迎えるために
彼らの知識の体系を学び
それを現代に応用し、心と意識を研ぎ澄ますように促されているのです。

このチャンスを掴むためには、
あなたが、準備しなければならないのです。

今、社会で起こっている問題は
「個人」だけを見ては、何も解決できません。
個人的な問題は、何もありません。
それは、集合的な社会の問題です。
社会の仕組みを変えない限り、人は、日々、カルマをつくり、上塗りしていきます。

マヤの叡智を、本当に理解できるようになるためには
「宇宙意識」や「銀河意識」あるいは「惑星意識」というものが
ベースになければなりません。
それは、単に星が好きだとか、環境問題に取り組んでいるとか
オーガニックな生活をするということではありません。

三次元の言葉では、説明のつかない四次元以上の世界に
心と意識を合わせていくことです。
「それは、どんなことですか?」と聞かれることもありますが、
三次元の言葉で説明がついたら、おかしいでしょ。

でも、「感じる」ことはできます。
そのファーストステップが、コズミック・ダイアリーを使うことです。

もし、今日の出来事を、
どこか自分の外で起こっているように感じている自分に気づいたらぜひ。
もし、今日の出来事を、
誰かのことと思う自分に気づいたらぜひ。

今、ここから、自分たちの生き方で、変えられるのです。

果てしない波が止まり
新しい波の始まりを起こせますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です