ブログ

もうすぐ夏至

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6月21日は夏至

昼の時間が最も短い「冬至」
昼の時間が最も長い「夏至」

この二つを軸として一つの「じかん」が動いているのを感じられますか?

夏至の日は、日の出、日の入りが最も北寄りになります。
三重の二見浦では、この時期だけ夫婦岩の間から朝日が昇ることで有名ですね。
私たちの祖先は、そんな移り行く時間の一コマを聖なる時間、聖なる空間として
大切にしてきたわけですが、
皆様は、ご自分の日常の中の特別を大切にされていますか?

夏至の日、ご自分の家のどの窓から
あるいは、窓のどの位置から朝日が差し込むのかご存知ですか?

二見浦も聖なる時間と空間ですが
日常に聖なる時間と空間を見つけることも大切にしたい・・・ そう思います。

夏至
太陽と地球の壮大な時空の中で生まれる「一瞬」
どうぞ、素敵なハレ時間をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です