ブログ

切なさ

先日、とても久しぶりに、一気見。

それは、それは、とても切ないストーリーでした。
翻弄されていく運命。

無いようで、ある。 それが「現実」

描かれている時代背景は、
自分の生まれた年代と同じだから、より、リアリティのあるものとして
届いていきます。

みんな、激しく揺れ動く時代のなか、必死に生き抜いてきたからこそある、今。

そして、
2012年

5125年という周期の終わりを迎え、再び、激しく揺れ動く「今」

その中の、私たち。

命ある限り。。。 ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です