ブログ

祈り

8月6日 広島に原子爆弾が投下された日。

祈りで世界が一つになる時間。

私たちの「祈り」には、力がある。
そんなことを、最先端の科学として研究なさっている
村上和雄先生をはじめ、いろいろな方が登場される
白鳥哲監督の映画「祈り」が完成いたしました。
http://inori2012.com/sakuhin/index.html

富山でも秋以降に上映会を予定しています。
詳細は、決まり次第、ご案内させていただきます。

経済合理性の中の、物質主義の中の価値観

自分だけの都合
人間だけの都合

そんなところから離れた、一人ひとりの「意識」が集まるとき
地球に虹が顕現する。

13の月の暦を提唱した、ホゼ博士は、そう私たちに伝え
ネガティブなものを吸い込み、
自分の中で、ポジティブなものに変容させ、吐き出す瞑想
「虹の橋の瞑想」を薦めていました。

今日は、広島の日ですが、
決して、被害者的な意識ではなく
国境を越え、すべての魂の鎮魂を祈る一日にしたいですね。

平和への道を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です