ブログ

3.11の子ども達。

今日、何気なく開いた週刊誌に、
3.11に生まれた子ども達の成長ぶりが掲載されていました。
天使のような微笑みの写真の下には、それぞれの出産時のコメントが記されていて、
それはそれは大変だった様子が伺え、
読みながらついついこみ上げるものがいっぱいでしたが、
少し0学的に見てみました。

3.11は、卯年に起こった災害ですが
3月は卯の月にあたり、さらに、日本も卯に当たります。
ゼロ学的には、ゼロに当たるもの(この場合は卯)が三つも重なると、
予想もしない出来事になる可能性が大きいと見ます。
そして、そんな中に生まれた子ども達は、「天王星」という惑星に魂を持つ子ども達。
どこかしら、気品と優雅さを持ち合わせ、「貴族星」と言われる星で、
星の中で最も玉の輿に乗る確立が高い星と言われます。
また、本物を見抜く力を持っているとされます。

そしてその他には、「決定」「決定」「開拓」という星を携えて生まれてきたことになります。
「決定」はトップ星、責任を持って生きる星。
それを2つも持っていて、揺るぎない意思をしっかりと持ち、進んでいく力を携えます。
そして、最後の「開拓」は、新しく切り開くことを学ぶための星。
新規開拓に大きなチャレンジとギフトがあるという人生。

大きな揺れの中で生まれたり
停電で真っ暗闇の中で生まれたり
産湯も一週間後だったりした子ども達。

なんとなく、その何としても生きる力に納得の星でした。
もちろん、これから、それぞれの環境の中で育っていきますので
どれ一つ同じ人生はありませんが、私たちが学ぶことも多いのでしょう。

みーんな、それぞれ「カルマ」(知らず知らずのくせ)をもち
ブループリント(人生の設計図)を持ち合わせています。

それらをうまく紐解いて、さっさと片付けることは片付け
持っている才能を、たくさんの人のためになるように進みたいですね!

4月8日はコズミック・ダイアリーセミナーです。
どうぞ、ご都合のつく方は、ぜひ、ご参加くださいね。
11:00~ サティシュクマールの今ここにある未来 上映会
13:00~ 惑星の月編セミナー

お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です