ブログ

泣ける~。。。。

富山県天文学会の方からこんなサイトの情報をいただきました。
 
探査機「はやぶさ」の軌跡
 
13の月の暦 では
かつて火星と木星の間に「マルデク」という惑星があったとします。
この惑星が破壊、分散し、小惑星に・・・という。
 
その小惑星を探査して帰還した「はやぶさ」
 
すでに一つの生命体のようですね。
意思を持ち、使命を全うした・・・そんな感じがします。
 
コズミックダイアリーセミナーで出てくる
「フナブクの意思」とか、太陽の意思とかは、こんな感じなんだろうな・・・と。
 

 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です