ブログ

見えますか?

青いお空の底ふかく、海の小石のそのように、
夜が来るまで沈んでる、昼のお星は目に見えぬ。
見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。
 
金子みすゞの詩ですね。


ちってすがれたたんぽぽの、かわらのすきに、だァまって、
春のくるまでかくれてる、つよいその根はめにみえぬ。
見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。
 
と続きます。
 
「見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。」
 
見えぬものを、どれだけ見られるか・・・ それが気配り・・・と最近よく思います。
見えるものでもあることを、どれだけ大切にできるか・・・それがこれからの生きる道・・・
 
15年ほど前に、初めてこの詩を知ったときよりも
もっと、それを大切にしなければならない時代になりました。
 
見えるものだけを優先し過ぎてきた人類は、
見たいものだけを見る癖を付けてきました。
 
見えないものを見る暇がなかった・・・そんな時間を生きてきたのかも知れません。
 
でも、これからは、目に見えないものを見、 耳に聞こえないものを聞く時代です。
私たちは、五感を研ぎ澄まして、「人間らしさ」に立ち戻るとき。
 
見えぬものでもあるんだよ・・・・
 
私たちの見えていないものは、何でしょう。
あなたの見えていないものは、何でしょう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です