ブログ

巡回

朝から畠山記念館へ。

樹齢300年という木がたくさんの庭を散策しながら思うこと

東京は少し歩くと突然別世界に入り込む。。。

今日も、住宅街のもの凄い坂道を登りきったら、突然、庭園でした。
なぜ、富山にこういう場所がない???

そもそも、富山ではあまり歩かないですけど。。。
私の行動範囲は、坂道すらありませんので
ただ平地が広がるばかりです。

お茶室でゆっくりお茶をいただいて、
そのあとは、京橋のLIXILへ。
「子供の背守り」を見に行ったのですが、よくみたら6月から。。。。あせあせ (飛び散る汗)

そして、次は懐かしの青山ワタリウム美術館でシュタイナー展。

シュタイナーの黒板ドローイングがメインで紹介してありましたが
入口にはこの言葉。

月を眺めるときには、こう言えなければなりません。
今見ているこの月は、宇宙の進化の中で、
みんなが非個人的な知識を個人的な課題にすることを忘れたり、
個人的な欲求を愛に変えて社会生活の中で
全人類の一般的な課題にすることを忘れてしまったりしたら、
人類がそういう人ばかりになったら、
地球がどんな存在になってしまうかを示しているのだ。 

いわば地球存在のカリカチュアを示しているのだと。    ルドルフ・シュタイナー

12年前よりは、今の方がいくらかよく理解できます。

そして、夜は友と再会。。。

会いに出かける場所があり、会える人がいるって幸せなことです。

KIN 206 白いスペクトルの世界の橋渡しという名前の日。

ハレ時間いっぱいの、満腹な一日。

20140524_11280520140524_10280220140524_11323720140524_125448

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>