ブログ

山王日枝神社

何年振りかで赤坂へ。

毎月開催させていただいている「ハレ暦講座」
銀河時間と地上での自然時間を合わせて、
みなさまの日常に、ハレ時間をつくりだすためのエッセンスをお伝えしていますが
原点に返れば返るほど、興味を抱くものもたくさんで、
今回は日帰り強行スケジュールで足を運びました。

赤坂見附に降り立って目的地を目指すも
目の前に現れたのは、山王日枝神社。
今日は時間が無いので。。。。と一旦は前を通り過ぎようとしたのですが
こんな単純な道を間違えたのも、何かのご縁。。。とご挨拶に。

神社では2時間は時間を過ごすのが、いつものパターンですが
今日ばかりは、帰りの電車時間までトータルで2時間半だったため、
本当にご挨拶だけ。
表参道に回る時間もなく、階段を歩いて上る時間もなく、
長い長いエスカレーターを使い
さらに、勝手がわからず、手水舎もお参りの後に見つける始末。

ごめんなさいの連続でしたもうやだ〜 (悲しい顔)

「風吹けば 風吹くままに
港よしと百舟千舟 うち つどいつつ」

おみくじにあったお言葉です。
いっぱいの失礼なのに、おみくじは大吉。

そして、そのあとは、暑さと空腹に負け
とらや赤坂本店の地下「虎屋果寮」へ。。。。

特製あんみつをいただきました。

脈々と流れる時間
それを継続させるための覚悟と心配り

いろんなものを、一緒にいただきながら
次回の講座にあれやこれやと思いを馳せて。。。

1368600685651

 

 

 

 

 

 

 

20130515_151150

1368597750777

20130515_150913

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>