ブログ

叱られること

皆さんは 叱られていますか?
 
今日、スタッフが「2歳までに叱られた経験が無いとダメだと書いてありました!」と
話しかけてきました。
その情報の正確さを確認していないのですが
毎月やってくるニュースレターに「脳」の話が掲載されていたそうで
その中での話だとか。
 
私の母はとっても厳しかったので
いつも叱られていた記憶があります。
なので、叱られることには慣れっこでした。
  
ところが、不思議なことに小学校まで
家族以外の人に叱られることを極端に怖がっていたのも記憶しています。
 
相手は叱ったつもりはない程度のものにも
過剰に反応し、目にいっぱいの涙があふれてしまう自分を覚えています。
 
そんな自分が嫌いでした。
損をしているとも思いました。
icon:face_mistake 
なので、自分の子供はそんな風にはならないように育てようと思いました。
 
だって、社会に出れば叱られて当たり前。
叱られずに、厳しい評価を受けずに進む事なんて不可能です。
誰もが、叱られ、評価を受ける時がやってきます。
その時に、いちいち落ち込んでいるようだと、
結果、本人がかわいそうだと思ったからです。
 
おかげでしっかり免疫を付けました 笑
(免疫付けすぎた 笑笑笑)
そして、同時に自分にも免疫付きました 笑
 
最近、よく見かけるのは
まだ叱られてもいないのに
叱られることを恐れてか
先に、自分がそうしてしまった言い訳を並べ立ててしまうひと。
 
どうして? と聞かれて答えるならまだしも
誰も、何も、とがめてすらいないのに・・・・。
 
きっと、叱られないように、叱られないように生きてきたんだろうな・・・と思います。
 
あるいは、叱るまでも行きませんが
批判を受けずに来たか、またまた、さらには、受けすぎて来たか・・・。
 
叱られれば誰もがいい気はしないですが
叱られることも大切だと
この年になっても叱られることがあると、そう思います。
icon:face_mischievous 
それが思いもしないことであっても。
 
叱られることを恐れていたら、結局損をしてしまう・・・
自分を見ても、周りを見てもそう思います。
  
批判されたかどうか
叱られたかどうか ということにエネルギーを消費するよりも
批判や叱りが正しいかどうかをジャッジすることに
エネルギーを消費することよりも
 
それらは、自分への「愛」や「思い」があってのことかどうかを見極めることに
エネルギーを消費した方がいいですよね。
 
自分の反応は
自分の中にある
自分や相手への信頼を映し出しているだけです。
 
平和な時間を。。。。。
 
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>