ブログ

松と柳

今年は早くから雪がたくさん降りましたから
春を待ちわびる時間も早く訪れたように思いますが
まだ、1月ですね。

1月17日のラジオ「ハレ暦」は
オーラソーマボトル№69 マゼンタ/クリアのご紹介をしています。

ハレ暦のハレは非日常のハレを表し
それに対してケという概念、日常があります。

このボトルは、日常のケに、特別なハレを見出すことができ
そのバランスを上手に取れる才能だと私は思っています。

どうしても大きな境界線を引いてしまいがちなハレとケ

もちろん、そこには区別の境があるのですが、
その境はとっても繊細で、かつ大胆で、丈夫で自由な境だと感じます。

これをどう表現したらいいのか。
伝えた時のリアクションが、バッチリとは行かないので、まだ模索中です。

ハレ暦のコーナーで、松と柳

松は常緑で真っ直ぐと立つことから、陽
柳はしなやかで下を向くことから、陰

その陽と陰を一つに束ね、根元をきちんとくっつけて花器に入れることで
豊穣を作り出す室礼です。

見えている部分を整えつつ
見えない花器の中も整えるのは、そう容易くはなく
何年も、何年も手を動かしてこそわかり得る時間だなと思います。

それでも、去年、手にした時とは、明らかに自分が変わっていることに気づく。
どこにも辿り着いていませんが
一歩ずつ積み重なっている時間や、変化を感じることができます。

陽と陰を一つに。

みなさまも、ぜひ、手を動かしてみてくださいませ。

DSC_0554DSC_0555

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>