ブログ

天命と宿命と運命

この広い広い銀河の中で
奇跡のような完璧な中で命を持つ私たち。

生あるものは死にゆく 逃れられないその天命という時間の流れ。

男か女か、誰を親に どこに生まれたか これも変わることのない宿命という時間の流れ。

そして、私たちの心と意識で自在に変化する運命という時間の流れ。

その命の終わりはどこにあったのか。。。
天命か、宿命か、それとも運命か。。。。

昨日は、久しぶりにそんなことを想った時間でした。

銀河時間では「自己存在の月」という名前の28日間。

壮大な時空の中での「自分」を見ていきたいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>