ブログ

棚ぼたこそマメ

天命とは逃れられない自然の理
宿命とはあたわり
そして運命とは自分で切り開くことができるもの

昨日は、自分の宿命について、
なかなか受け入れられずにいらっしゃる様子の方とお話をしていました。

0学的には、
全ての人には、6種類のレールがあるとみます。

破天荒にミラクルなパワーみなぎるレール
知恵を使い、自ら切り開くレール
責任をもって、人をまとめていくレール
難なく人に恵まれ、華の中心となっていくレール
諦めず根性をもっていくレール
そして最後は、棚ぼたのレール

その方に限らず、棚ぼたに惹かれる方は多いですね。

でも、私はこう思います。
棚ぼたの人生は、確かに、ギフトが転がり込んでくる率は高いのですが
神様も、すべてに平等を忘れることなく・・・・
何もしないのに、転がりこむはずもなく・・・

その水面下では種をまき、水をやり、草をとり、手入れをマメにできてこその棚ぼたで
そのレールにいるひとは、人以上にまめに働けるのです。
というより、マメさとセットなのです。

これは6種類にすべて「セットもの」があります。

自分は何をあたわっているのかを、よく知るって大切ですよ。

人を見るとき、見える部分だけを羨むことが多いですが
その見えないところでの姿も見て行けば、
みんな平等

そして、羨むものがあれば、その陰なる部分を行いにすれば
同じように行ける。
ただし、もともと持っている人にくらべると、少々難儀さを感じながらになりますが。

でも、ただ羨むのはやめましょう。
羨まれたほうは、それなりに、人以上の行いをなさっているのですからね^^

そして、あなた自身も、人がうらやむことをたくさん持っているのですから。ぴかぴか (新しい)

どうぞ、建設的な比較をひらめき
そして、
どうぞ、自分らしさを愛してくださいね。揺れるハート

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>