ブログ

巫女神楽

いつか、選ばれし時に、選ばれし場所で、生演奏での神楽舞を見たい~
とずっと思っていましたが、今回、とっても素晴らしき日にその思いが叶ったわけです。

もともと、踊りを見るのが大好きで、
日本舞踊の発表会などは、一日中見ていても、飽きないですねハートたち (複数ハート)
今回もまた、楽しくて楽しくて、飽きることなく見入っておりました。

そこに何かが降り、何かが宿り、何かが昇天していく・・・。
もちろん、本来のすべてを完璧に備えているわけではありませんが
それでも、本質はちゃんと見ようと思えば、ちゃんと見られます。

そこで、思い出したのが、わが家にお蔵入りとなっている巫女の衣装。
今想えば、笑ってしまうほどおかしな話で、お子ちゃま時間です。
一番大切なものを見ずに、為すことは為さないものなのに。
そんなことで、事が為っていくのではないことを、
そして、そうでなくても、事は為っていくことを学ぶための時間だったのでしょう。

今回、満月の夜に最初に奉納された舞は「四方拝」
その際の舞姫は、それはそれは美しい姫 お二人でした。
他が違ったというわけではありません。
ただ、日本古来のお顔の輪郭や目鼻立ちで巫女にぴったりのものってあると思うのです。
特に現代ならではの要点は髪の色。
通常はみんなカラーリングをなさっているのでね。

でも、そのお二人はバッチリでした。
口に引かれた紅がこれまた美しく。。。 ホントにお雛様みたいぴかぴか (新しい)

むか~し 浦安の舞を習ったことがありますが
足や手の動き、呼吸は、私たちが日々生活する中での重要な基本ポイントがたくさんです。

巫女になることはなくとも、
何か、いい形で繋げられたらいいな~。。。と思います。

さて、次回の満月も東京です。
こんどは「ことだまの女神」に会いに行きます。
綾乃ひびきさん10周年コンサート
みなさまも、よかったらぜひ。

残席僅少となったようですので、ご希望のかたは、お早目に。。。

その透徹な歌声は、私たちの細胞を禊いでくれます。
満月の夜に いかがでしょう。。。。
素敵なハレ時間を。。。。

詳細は、http://www.ayano-hibiki.com/pg158.html

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>