ブログ

時間とは一体何なのか。

時間とはいったい何だと思います?

自分が癌を治したくて、たくさん学んだこと。
これは、病気になってから、慌ててやることではなく、
病気になる前にやるべきことだと強く思いました。

それが、今の仕事の始まりですが、
「命の期限」と向き合っていた自分とは違い、
周りの人は、なかなか、思うようにできないし、進まない。。。。

それが普通ですけれどね。

そして、口々に出てくるのは、「いいことだけど、時間が無い」
「時間さえあれば・・・」 

そんなこと言っているうちに、私みたいになっちゃうよ~ と思い、
(なぜなら、無駄にカルマやトラウマを上塗りする必要はありませんからね)
 
どうしたら、時間が無いと言わなくていいのかを考えるようになりました。
なぜなら、忙しい、忙しくないはあまり関係なく、
見るからに時間をたくさん作れる人も「忙しい」といい、「時間が無い」と言う。
逆に、本当に忙しくしている人ほど、たくさんのことを同時進行できていたり。。。

そこに私の興味が向きました。
そして、時間が無い と思わなくならなければ、何も始まらない。。。と思ったのです。

そこで出会っていくのが「時間の法則」
ホゼ博士が提唱した13か月の暦は、単にカレンダーとしての機能だけでなく、
本当の時間の法則に触れていくツールとなり、
当然、日々の時間も、時間に対する概念も、生き方も、そして人生をも変えていくことになりました。

それも、頑張ってとか、一生懸命変えるとかがなく、
さらに、変えている最中の自分に気づくことすらなく。。。 です。

自分に対する思い、
人に対する思い、
物に対する思い、
食べ物に対する思いがいつしか変わり
思いが変われば、仕草や扱い方も変わります。

その変容が、また、新しい時間を綴り、新しい人間関係を創り、新しい人生を創り始めたのです。

何を手にして、何を手にしないのか、
何を基準にして、何を基準にしないのか、

衣食住すべてに変容が起きると同時に、真の平和が自分の中に訪れました。

どんな状況であっても、大丈夫。。。 と思える自分。

それは、それまで、いかに依存的な世界いて、
自分が望まない時間を過ごしていたのかが、明解になった瞬間でした。

 

見える世界にも、見えない世界にも、無限に広がる、「時間」
私も、意識し始めて、9年間で気づいたこと、腑に落ちたことを持って
みなさまと、ご一緒しています。

よかったら、どうぞ。。。。

高岡会場はたっぷり時間の法則を。
富山会場は、

季節のハレ時間も取り入れての講座です。

http://fujita-sayuri.com/2013/08/28/kikuno/

今朝、ラジオ収録に行きましたら、「モモを読み始めました!」と。
先日の、劇団ハートクラブさんの公演がきっかけだったそうです。

時間泥棒と、盗まれた時間を人間に取り返してくれた女の子の
不思議な物語「モモ」

空想でも幻想でもない、実は、本当の「時間」の世界。

楽しいですよ~

5959_514791725263103_1148258192_n

971112_588102537888269_1461023946_n

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>