ブログ

689

銀河新年が明けて 夢に現れた数字 689
古い石造りの建物の一番奥に その数字はありました。

その数字は、きっとこれからの自分の人生において
ところどころで、シンクロという形で現れ、共に時間を歩むであろう
そんな感じでした。

そのシンクロの一つに、気づいたこと。

広島原爆投下 8月6日  1945年
長崎原爆投下 8月9日  1945年

祈りの時間の大切さをより深く感じた瞬間に気づいたシンクロでした。

大きな銀河マヤ時間の中 第13バクトゥンと呼ばれる
「物質の変容のバクトゥン」とされる144,000日の時間の中で原爆投下はなされました。
そして、1945年はその中の「赤い惑星の地球」と呼ばれる
20年の中の時間でした。

赤い地球・・・ナビゲーション  発展させる  シンクロニシティ

犠牲となった魂
犯した過ち
自分たちの手で創りだした負

私たちは、今まで通りにいかないこと
今まで通りではいけないことを、再び、心に痛感します。

今までの常識の中での発展を想うことは
とても愚かなこと
そんな風に思えます。

新しい時間、新しい意識、新しい価値観を発展させたいですね。

原発の輸出と兵器の輸出で経済を得ようと目論んでいる日本。http://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20130723-00026687/

人間の幸せって何でしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>