ブログ

夢みたものは

20130729_184355銀河新年 遅ればせながら 初出勤

出迎えてくれたのは一枚のはがき。
お客様が時間をはずした日に書いてくださったものでした。

綴られた言葉に感謝。。。
こちらこそですのに。。。。
 
 

さらに、そのハガキの裏には 大好きな歌の一節 「夢みたものは」
合唱曲ではよく耳にする曲ですが、
立原道造がプロポーズした日の幸せを書いた詩と言われています。
でも、そのプロポーズから2年経たずして、彼は病により24歳の生涯を閉じ旅立ちます。
その詩に木下牧子さんの曲がついています。

そのことを知って以来、歌っていてもその思いがこみ上げて
歌えなくなったことがあります。

夢みたものは ひとつの幸福
ねがったものは ひとつの愛
それらはすべてここに ある と・・・・・

そう、すべてはここにある。。。。 この瞬間に。

その清らかなほどの切なさにピッタリの、とても美しい声と光の動画見つけました。

るんるん (音符)るんるん (音符)るんるん (音符)

夢みたものは ひとつの幸福
ねがったものは ひとつの愛

山なみのあちらにも しずかな村がある
明るい日曜日の 青い空がある

日傘をさした 田舎の娘らが
着かざって 唄をうたっている
大きなまるい輪をかいて
田舎の娘らが 踊りをおどっている

告げて うたっているのは
青い翼の一羽の 小鳥
低い枝で うたっている

夢みたものは ひとつの愛
ねがったものは ひとつの幸福
それらはすべてここに ある と
るんるん (音符)るんるん (音符)るんるん (音符)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>