ブログ

指導するものと指導されるもの

昨日の大祓でのお話しに「リーダーは不要な時代になった」という話がありました。
表面的な言語だけで解釈する話ではないので、
ここでは、詳細を割愛させていただきますが、
簡単に言えば、一人ひとりが、自分の人生に責任を持ち、自立したもの同士が
手を繋ぎ歩いていく という感じでしょうか。
それは、美しい森に見られる個々の自立と全体の調和の姿かもしれません。

それでも、この世には「先生」と「生徒」
「指導する側」と「指導受ける側」という立場や役割は存在し続けるでしょう。

いつも聞いているラジオ番組では、
一週間に一回、こんなメッセージが流れます。

『平凡な教師は 言って聞かせる
良い教師は 根気よく説明する
優秀な教師は 目の前でやってみせる
偉大な教師は 子どもの心に火をつける

知識が一本のロウソクだとしたら
その先に灯った小さな火を決して吹き消さないでください。
その小さな火は、何百、何千本ものロウソクに新しい火を灯すことができるのだから。』

最近は何かと、消えていく古い火を感じる場面が多く
灯しても、灯しても、吹き消される感じですが冷や汗 (顔)
その分、新しい火が灯っていく感じがあるのも事実。。。ぴかぴか (新しい)

この教師と子ども
自分の内側に両方いますね。

いい教師と生徒 に 祝福を。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>