ブログ

私が感じる伝統医学の魅力

私たちは病気になった時、どうしたら治るのかと考えます。

西洋医学であれ、東洋医学であれ、
治療効果や薬効効果にフォーカスしていきますが

私が伝統医学や自然療法に魅力を感じるのは、
有効が期待されるもの、例えば「薬草」があるとして、
その薬草が育つ環境や採取するプロセスにまで意識を向けていく生き方へと導かれること。

時と場所を選ぶ。
どんなに有効成分があったとしても、
その薬草が、時が満ちた状態でなければ採取しない という考え方です。

そして、その薬草が、最もいい状態で育つように、
環境問題に日々、取り組む行いをしていくことです。

当たり前ですが、
そうすると、自然と、買い物の仕方が変わるでしょう
ゴミの扱い方が変わるでしょう
お洗濯の仕方や、引き出しにしまう時の畳み方が変わるでしょう

欲しいのは、有効成分なんだけれど、その名前がついていたら、何でもいいわけじゃなくて。。。。

巷には「いい」と言われるものが溢れています。
いいものを使った商品が溢れています。

それでも、その伝統医学的な考え方に添わない生き方
要するに、自然時間の法則に添わない生き方の中で生まれるものには、
どんなに有効な成分が含まれていても、魅力を感じないのも事実

どんな生き方なのか、
どんな時間を大切にしているのか、
お部屋はどんな様子なのか、
お掃除やお片づけはどんな状態なのか、
日々、手にする「もの」に対してはどんな扱いなのか、

誰もが、完璧ではなくとも、
矛盾がありすぎる場合は、魅力を感じません。

また、そこの部分が見えないと、手を伸ばさないのも私わーい (嬉しい顔)

一見、何の関係も無いように見えるほどの、ほんのささやかな
それでも、全体に無くてはならない大切なものを
大切に思い、大切に育て、大切に扱える姿

植物の時を聴けるようなライフスタイル
宇宙の時を感じられるような毎日

それこそが、欠かせない始まりだとも思うのです。

日々、精進ですが、理想に向かって、歩み続けたいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>