ブログ

芒種

6月5日は二十四節気の芒種(ぼうしゅ)です。

夏至前日までの期間のことを指す場合もあり、
麦に代わり、稲を育てていく始まりでもあります。

20130603_133518写真は先日通りかかった一面のお茶畑。

ブルー/グリーン
オーラソーマボトル3番のようですぴかぴか (新しい)

広いスペースと寛ろぎの感覚。
私たちは、いかなる状況であろうとも寛いでいることが大切。
特に失望したときにこそ、肉体も、精神も寛ぎの中にいられるように。

穏やかに。穏やかに。

失望や不本意なことが起きたときに、そんな風にいられるはずがない と思うならば
永遠にそこに辿り着くことはありません。

でも、私たちは、真に寛ぐとき、本当の自分でいられる。
本当の自分であるために、信頼して近づいてみませんか。

シェイクすると「ターコイズ」という光。

ハートが真に寛ぐとき、私たちには明晰な直観「ブルー」が生まれます。
その直観は自分以外の人が進むべき道を見つけられるようにサポートする形になります。

失望や不本意が、自分以外の何かからもたらされるのではなく
自分の内側から生まれるもの。自分自身がそれらを創っていることをありのままに観るだけ。
なぜ失望するのか、自分が本当には何を大切にしているのかetc
ただ正直な自分に気づく、シンプルでいい機会に過ぎないのです。

そして、そこには、ジャッジもなく、否定もなく、「こうあるべき」「こうすべき」という基準もない
自由な知性が生まれ、さらには、自分の進むべき道だけでなく、
他の人の進むべき道ををサポートできることになります。

新しい時代のコミュニケーションがそこにある。
個々の魂が、その本質を表現できるようなスペースを創り出せる人。
新しい時代のリーダー。

それは決して、表面的な平和主義ではなく、楽観主義でもなく。

長い間、批判や否定、不安や恐れから頑張る時代が続いてきた社会。
私たちの細胞にも、しっかりとその質は埋め込まれています。

使用する言語はそう変わらずとも
それを使うときの意識やエネルギーは大きく問われる時代。

新しい時代。

寛ぎを創り、寛ぎを広げ、寛ぎから生まれる才能を最大に活かす時間
時間と空間を超える素敵な次元の旅を楽しみましょう。

次回のハレ暦講座は9日です。
東京赤坂の老舗から特注の五色の嘉祥饅頭が届きますので
それを使い五行の中の「五常」を盛りましょう。
そして、夏越の大祓も近いので、
チガヤとその他諸々を使いながらハレ時間を過ごします。

今、道ばたではチガヤの白い穂が美しく何とも言えぬ光を見せてくれています。
チガヤは根が強く除草剤にも負けずどんどん広がるので、嫌われ者の雑草とか。
先日、富山県中央植物園にチガヤについて確認しに行きましたら
そんな説明でした。うれしい顔
「白い穂が美しい」と書かれている図鑑を読み上げながら
「美しいかなぁ・・・・」と苦笑いなさっていましたが
私は、美しい・・・・と思うのです。
先日も、国道沿いのチガヤがあまりにも美しく車を止めて何本かいただいて来ました。

道行く人はあきらかに、
このおばさんはなぜ、こんなところで雑草を刈っているのか・・・とジロジロ。
さすがに、その視線に多少の恥ずかしさも感じながらでしたが。冷や汗 (顔)

当日は、早朝にチガヤ刈りをして皆さまにお届けする予定です。
いっぱいの光で自身をリセットして、残りの6ヶ月を過ごしましょう。

どうぞ、たくさんの喜びを分かち合えますように。

お申込みはロイヤルプリンセスまで。
076-407-0888
info@fujita-sayuri .com

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>