ブログ

1銀河スピン

13と20の組み合わせで生まれるのが260日の銀河スピン
1から260までの周期を1銀河スピンと呼びます。

本来の時間は直線的な流れではなく、
周期性秩序を持ち螺旋状に上昇するもの。

260日の周期「ツォルキン(マヤ神聖暦)」を使っていると
そんな時間の感覚は、普通になっていきます。

260日目の名前は「黄色い宇宙の太陽」
存在 持ちこたえる 超える 普遍的な火 照らす 生命

最近、「存在」being ということについて思う時間がたくさんあります。
存在することの意味

新しい太陽の時代が到来して、
一人ひとりが、どう存在し、どう輝いていくのか

明日から始まる、新しい260日の銀河スピン
新しい存在へとシフトしていきたいですね。

tzolkin%20big

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>