ブログ

銀河の月

8番目の月「銀河の月」が始まりました。

完全性 調和させる かたどる

銀河のエージェント 代理人として役割があると
最近、いろいろな方の近況をお伺いするたびに思います。

混沌とした世界から
陰陽の二元性が生まれ
縦、横、高さの三次元の世界があり、
そこに「時間」が加わることで四次元となり
そして、最先端の物理学でいう五次元世界。

「時間は4次元以上の高次元なもの」
セミナーで繰り返し扱うテーマですが
2012年12月21日以降、それってきっと五次元世界だよねと
思う話をたくさん耳にします。

5次元世界は、すぐそばにある ということも
なるほど。。。と思う時間がどんどん増えています。

「ではみなさんは、そういうふうに川だと云われたり、
乳の流れたあとだと云われたりしていた
このぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。」

銀河に沿って北十字から始まり南十字で終わる異次元の旅のお話し
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」もかつて抱いていたもの悲しさは消え、
今では、「今ここ」にすべてがあるという
五次元以上の世界へといざなうものに変わったように感じます。

銀河鉄道の夜は、朗読のページがあります。
私は、眠りにつくとき、これを聞きながら眠ることが多いんですよ。

みなさまも、よかったらどうぞ。。。。
http://kitagawatakurou.net/roudoku/yume/ginga.html

先日、京都で見つけた「銀河」
フナブクから眺めると
私たちのいる天の川銀河はこの中の一粒なんでしょうね。ぴかぴか (新しい)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>