ブログ

ほしをほしがる

こんな絵本をご存じですか?

子どもがまだ、言葉をしゃべらない頃
毎日、読み聞かせていた一冊。

ほしをほしがる
わにがわになる
パンダのきゅうしょくパンだ
はちとはちとが、はちあわせ
こうもりのこもり
いるかはいるか?
これが、あしかのあしか?

と、永遠に続くダジャレに、それぞれ振りをつけて読み上げると、
「お腹がよじれる」という言葉がピッタリに大笑いする娘。
言葉はまだしゃべれないので、意味はわかっていないと思うのですが
これは「お笑い」らしいと察知するのか
ここは笑っておいたほうがいいと察するのか
何百回、読んでも、笑いのツボにはまる一冊でした。

昨日、ある方とご一緒していて、ふと、この絵本のことを思い出しました。

その方は、人をたくさん笑わせることができる才能がいっぱいで
いつも、大笑いさせてもらっていますが、
その方が、私に、「やっぱりあなたは面白い」とおっしゃったのです。

自分は、面白味のない人間 と思っていただけに
意外な一言ですが
愉快な仲間が、いっぱいになるといいですね♪

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>