ブログ

時間旅行

今日は、五色空間さんで、コズミック・ダイアリーセミナー入門編。

テーマは「スペクトルの月」でした。

夕立の晴れた空にかかる虹は
やがてはかなく消えてしまいますけど
人の胸にかかった虹は消えないようでございます。   太宰治「斜陽」より

解放 溶かす 解き放つ

そんなキーワードのスペクトルの月。28日間。

12:60の計時周波数の中にいる私たちは、
例えば、東京まで行くには、飛行機で1時間、電車で3時間半、高速バスで・・・・と
考えますよね。

でも、マヤの叡智に触れていると
それは3次元での時間の話だと言うことが、なんとなくわかっていったりします。

本来の時間は、4次元以上のもの。

だとしたら、東京へは?

そんなことを考えていたら、めちゃめちゃワクワクしてしまいます

ホゼ博士が「時空のサーファー」という本を書いていましたが
ねえねえ
もしかしたら、私たちも、「時空のサーファー」になれる可能性あるよね。

マヤの人たちのように。

その為には、12:60から13:20へと しっかりシフトしないといけませんね。

7年もやっていると、12:60と13:20には、それぞれ違う色がつきはじめて
一瞬にして、色が入れ替わるので、
自分が今、どっちにいるのかがわかったりしてきます。

面白~い。

帰り道、月を見ながら思いました。
時間旅行だったら、月にも行けるよね♪

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>