ブログ

ラブ・アンド・ライト

21日の朝、お店に行ったらボトルが1本割れていました。
 
正面から見る分には、何にも変わらず、中身だけが無くなったように見えますが
裏面に大きな×がついて、割れていました。
 
#23 ローズピンク/ピンク
ラブ・アンドライト(愛と光)というボトル
オーラソーマをなさっているかた達は、手紙やメッセージ最後に
Love & light と書くことが多いお馴染みの言葉です。
 
このボトルには、「火」の要素がたくさん現われていて
純粋なエネルギーと意志
理想に燃え、ものごとを創造しようとしているエネルギーと意志を表します。
 
それが割れたということは、そのエネルギーを必要とする何かが
あったか、必要となる前触れだったとも考えられます。
 
自分では滅多に選ばない「ピンク」のボトル。
  
愛されない、欲しいものが欲しいときに欲しい形でやってこないという不満が
次から次へと問題を作ったり、症状となって現れたりしていく人が
選んだりするボトルです。
それは、問題を抱えている自分でなければ
面倒を見てもらえないというパターンを持ち、それをくり返していく人です。
 
やれやれ、と思ったら、次の問題を訴える・・・ 
表面的にはか弱く、繊細な部分を見せていきますが
内面は、頑固で強く男性的な質を持っていたりします。
  
これは、
崇高な目的を持ち、情熱的にくじけない精神を必要とするときに
処方されるボトル。、
超然と生きていく姿が生まれていきます。
 
そして何より、自分自身のことがより深く理解できるようになっていきます。
 
ラブ・アンド・ライト
いかなるときも、愛と光をもって、私たちは進んでいくときです。
いかなるときも・・・
ここが大切ですね。
 
そうすれば、 
ピンクの強さは、優しさやあたたかさ、共感を表現する形で現われていきます。
 
よくよく考えてみれば、私たちはきっと
愛と光がなければ、生きられないのだと思いますよ。
 
オーラ・ソーマは感覚のご馳走。
ぜひ、みなさまも、感覚にご馳走を。
 
Love & light
 
CARJ0XZE.jpg
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>