ブログ

備えと保険

今日は、ロイヤルプリンセスで
「東日本大震災復興応援チャリティーセミナー」がありました。
ファイナンシャルプランナーによる
災害に備えるお金のはなしでした。
 
どうしたら、儲かるか、得をするか、増えるか、とは違うお話です。
  
日頃、「経済性」とは遠いところにいる私が
この企画に協賛させていただいたのは
もちろん、震災のチャリティーということへの賛同もありますが
私の人生に於いて、「保険」はとても大きな位置を占めてきたからです。
   
母の病気、私の病気、
これは、「保険」のおかげで本当に助かりました。
国の保険ではなく、民間の保険です。
   
叔母が保険の仕事をしていたおかげで、
普通の人よりも、しっかりと加入しておりました。
  
特に、主人が独身時代から入っていたガン保険は
そのときいただいたお金は、これから一生かけて払う保険金の
何倍もの金額です。
  
そして、何より、子供の学資保険。
生まれたときに、親戚のおじさんに、薦められ
どちらかというと、義理で加入した保険。
ところが、この給付金のおかげで、
なんとか大学へ行かせることができました 笑
  
今回は、火災保険と地震保険について。
 
地震保険はどこの保険会社で加入しても同じか?
火災保険で地震の時の火災は補償されるか?
地震の揺れで壊れたテレビに、保険金は支払われるか?
車は? 賃貸物件の場合は? 契約者が死亡した場合は?
などなど。。。。
○×方式で、次々と進められました。
 
さらに、実際に起きた事例をたくさん聞かせていただきながら
自分たちが、何を気をつけたらいいのかをお伝えいただきました。
  
聞きながら、「ああ、あの人も誘えばよかった、この人も誘えばよかった」と
いつもの事ながら、聞かせてあげたい人がいっぱい。
   
リスクには、
注意して予防できること
自力で準備しておけること
自力の範疇を超えること の3つがあります。
  
保険は、自力の範疇を超えたときに必要となるものです。
高額な賠償は、保険でなければ償うことはできないですね。
  
限られたものの中で、生活することが増えてきているからこそ、
自力で難しいことは、他力や協力で超えることが大切ですね。
  
私も、かつて損害保険の仕事をしていたことがあるのですが、
「保険」は、本当に加入する会社によって、さまざまです。
通常は、一社を扱う代理店さんは、他社にどんなにいい商品があっても
薦めることはありませんので、
全社を扱っている方がオススメです。
 
リスクは、人によって違います。
当然、必要なものも違います。
 
特定の商品をオススメするためのお話ではない
今回のようなお話は、本当に貴重ですね。
 
また、機会がありましたら、みなさまにもご紹介させていただきますね。 
 
 
 
 
 
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>