ブログ

未来という時間

占いや鑑定と呼ばれるものたち。
 
私も「0学鑑定」と出会って、
鳳彩令観 というお名前をいただいていますが
そのすべてが解明・公開されていないため、
その大きな目的を容易く理解することは難しいと感じ
私が選んだ決断は、
「その占いを創った人のようになることを目指す」でした。
 
宇宙のシステムを観じ
そこから叡智がう生まれ、創られていく「占い」
  
それを使い、自分に、あるいは自分以外の人に役立たせるには
その創った人と同じ、意識レベル、感性を持たなければ
正確には伝えられないと思ったからです。
 
で、なければ、いつもいつも目先のことに
意識を向けさせてしまうことになる。 そう思ったのです。
 
人間が生まれ存在するには、大きな目的があります。
銀河の大きな目的のための、個人の人生なのです。
 
そのことを観じられるようにしていかなければ
果てしない・・・と思ったからです。
 
その叡智は「自然時間」の中から生まれます。
古典マヤの人たちが、望遠鏡もないのに地球の公転周期、
金星の公転周期を正確に測れたのも
金属を持たないのに、ピラミッドを作れたのも
その13:20という自然時間と共に生まれる「叡智」からです。
 
今までの常識を変えずに、今、どうしたらいいかを聞くよりは
新しい考え方のシステムの中で、耳を傾け、心を馳せ、行動していく方がいいですね。
その、新しい考え方のシステムが「マヤの叡智 13:20 28日周期のカレンダー」の
中にあるのです。
 
2012年まであと少し。
マヤの預言通り、進んでいます。
それは、銀河全体を見た中での「科学」から生まれた預言です。
 
預言の成就まで、あと少しです。
 
その預言を妨げるものは、人の「エゴ」です。
 
だから、ひとりひとりの進化が、問われる時代になっています。
 
自分自身の進化は、自分のためになり、人のためになり、地球の為になり、銀河の為になっていく。
 
そうなるといいね って、思ったりしませんか?
誰もが「幸せ」になりたいと思っているはず。
誰もが、誰かの幸せのために自分を活かせたら嬉しいはず。
その扉は、すぐここにあります。
 
今日も、素敵な時間を!
 
 
♪今日も命を失う人がいる 今こそ手を差し伸べよう
何より大切な命に いつまでも気づかないふりをして
そのうち 誰かが変えてくれるだろうと あてにしてはいけない
・・・
未来を輝かせるのは 私たち 
さあ 手を 差しだそう
命を救うのは 私たち自身の手
決めるのは 私たち自身 ♪
 
” target=”_blank”>  
 
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>