ブログ

光になりませんか?

この宇宙でもっとも早い「光」
 
1秒間に地球を7回半回る速さ「光」
 
私たちが空を見上げて見ている星は、遠くは500年前のものもあります。
そう思うと、不思議・・・。
 
人はもともと光の存在だとよく言われますが
よくよく、光を調べてみると、
やっぱり私たちが、潜在的に憧れている姿なのだと思うのです。
 
文明は、スピーディーさを追求してきました。
瞬時に変化を見ることを求めてきました。
その最高の存在が「光」です。
そして、光は、真空の中では、いかなる時にも、速度を変えることなく、進みます。
 
果てしない宇宙の空間を
どんなときも 超然と。
どんなときも 凛として。
どんなときも 無条件に。
 
かっこいい~ (^O^)/
 
物理学でこんな実験をやっていました。
立ち止まってテニスボールを投げる。
ボールは弧を描いて落ちます。
次は自転車に乗ってテニスボールを投げます。
ボールは早さも距離も変わり、遠くに落ちます。
 
ところが・・・・
 
立ち止まって、ライトを照らします。
ビームとなって進みます。
次に、自転車に乗って、走りながらライトを照らします。
なんと、光は、止まって照らしたときと同じ早さ、同じ距離を進みます。
 
その様子を見て、「光になりたい!」と思いました。
 
かっこいい~ (^O^)/  (←しつこい 笑;)
 
一喜一憂の激しい私は、その感情の起伏に自分でもうんざりする時がありました。
それは、オーラソーマを始めて自分を知ったから。
超然と、凛として、
それが自分の理想だったのに、どんどん、明らかになるそうじゃない自分。
 
でも、オーラソーマを続けて
それが自分らしさだとわかったから、一喜一憂も仕方ないと思うようになったのです。
そして、
自分の一喜は、多くの人を幸せにしたり喜ばせたりできることも知ったのです。
あの人にも教えてあげたい!
この人にはこうしてあげたい!
みんなでこうしたい!
 
オーバードホールを借り切って1,800人動員するのも
国際会議場を借り切るのも、
お店をオープンさせるのも、 ただ一つ 「一喜」から始まっただけ。
 
逆に、一優は、大して役に立たないことも知ったのです。
一時期は、その一優を、たった一人の人でいいから、知って欲しいと思って
頑張っていた時期もありますが、とことんやってみて、ダメで
必要ないことを頑張っていることを悟りました。
 
だから、一優の時は、人にシェアしなくても、
自分で嵐が通り過ぎるのを待つための知恵をつけていきました。
オーラソーマ、パステルシャイン、0学鑑定、タイ古式マッサージ、エネルギー塩
などなど、数えきれません。
 
一優のおかげで、いっぱいの出会いと体験を積み重ねられました。 ありがたい・・・。
 
そして、一優の時に限って、同じように嵐の中の人が私に相談をしてきます。
 
え~! 私も大変なのに~ って感じですね。
 
それを、神の使いだと思うことにしました。
 
なぜなら、自分のことを悩んでいる暇がなくなり、
悩んでいる人のことに一生懸命になっているうちに、
自分で答えが見つかっていくからです。
 
だから、この仕事をさせてもらえてる・・・そう思います。
 
透明で、透徹で、そんな光になりませんか? ぴかぴかに・・・・。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

光になりませんか?” への2件のコメント

  1. 私もロイヤルさんにお世話になってたくさんのこと教えていただきましたぁ。
    0学、オーラソーマ 波動の塩 オイルトリートメント
    どれも自分を知るのにとても大事なことです。
    オーラソーマでの一喜一優していたことはもう私の中でまったくきにならなくなりました 笑
    自分の人生の中で気にする必要がないのだとやっと気づいたような気がします。セラピズベイのおかげでしょうか?
    それよりも、もっと前向きに楽しく自分の人生を生きたいのです。
    自分を信じることと他人を信じることが大事だと教わりました。
    あと譲ることとetc・・・。
    0学でいわれたのより、ちょっと早いのですが、全部気づかせてくれるような出会いがありました。笑

  2. >一喜一優していたことはもう私の中でまったくきにならなくなりました 笑
    きゃぁ~! 素晴らしい^^
    新しい時間を楽しみましょうね~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>