ブログ

洞察と問題解決。

娘がある先生のところで
「あなたのお母さんほど、先の先を読める人はいない。
 私でも、一緒にいられない・・・」と言われたとか。 笑
 
確かに、人生で、良くも悪くも、思ったとおり・・・。かも。
 
「こうなるよ。。。」と言っても、言われる人は、その時、意味不明らしく、
でも、遅かれ、早かれ、結果そうなる。。。。
で、私に「ほら、そこみたか・・・」と言われる・・・ 笑。
このパターンは、多いのは確かです。
 
このままだと、次どうなるかがわかるので、
いろいろ、また、やり始める・・・・。
それについていけないと言うのです。  。。。。。確かに。。。。笑
 
みなさん、良くないことが事前に洞察できたとしたら
全てを回避できるとお思いでしょうが
人生、そうはいかないのですよ。 笑
 


自分でも不思議に思いますが、
わかっていても、やっていることがあります。
それは、決して感情的になって、辞められないとか
繰り返してしまうではなくて、
ただひたすら、それを経験する必要があるような・・・
そんな感じです。
 
今朝、娘から「おか~さん~!」と泣きそうな声で電話がありました。
それは、4年間、一度も失敗したことのないことを、
やってしまったことに気づいての電話です。
 
明日、成田出発だというのに、入国許可が下りない可能性が起きたのです。
シカゴで入国できなければ、また、成田に戻ってこないといけない・・・・。
時間もお金も大変なことです。
 
でも、電話の向こうの娘とは裏腹に、
超冷静な母。笑
 
なぜなら、そんな事が起きる原因が、私には、いくつもあげられるからです。
  
でも、
オーラソーマヴィッキーが、ハーブの調合の仕方は聞けても、
何に使うかは聞けなかったように、
起きることはわかっても、いつ、起きるかはわからない・・・。
 
(そう思うと、マヤの人達は、凄いですねぇ・・・^^)
 
起きるべきして起きたことを、真摯に受け取り、
その問題を解決するために、一生懸命になるだけです。
 
「問題は起きることが問題ではなく、
 起きたときに解決方法がわからないのが問題。
 お互い、最善の解決方法を考えて見ましょう」と
いつものように、娘にはそう伝えて電話を切ったあと、知恵を絞る・・・・。
 
人は、超えられない課題はやってこないといいます。
超焦っている娘に、何度もそれを伝え、
大丈夫だから、冷静に何ができるか考えるようにと言いながら
(実は、自分に言い聞かせているのですが・・・ 笑)
 
思いつく限りの、やるだけの事をやったら、
いつものように、あとは、天にお任せ・・・。
 
それでも、そうなったら、そう経験する必要があったのでしょう。。。ということ。
 
でも、不思議なもので、そこまで思い切ると、
大抵はそうなりません。
 
腹を決める・・・そんな感じです。
 
そして、いつも、
問題が起きるときは、
それをどうやって解決するか見ているものがいて、
その行動を経験する必要があって、起きるのだ・・・・と思うのです。
 
なぜなら、それは、必ず、のちのち、誰かの役に立っていく・・・笑
 
皆さんも、問題を遠くに押しやらず、チャンスに変えましょう~!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>