ブログ

自然時間シンポジウム

2009年11月8日(日) 自然時間シンポジウムin富山 於:富山国際会議場 メインホール
 
当日、綾乃ひびきさんが、歌ってくださることになりました。
 
私と綾乃さん 初めてのコズミックダイアリーセミナーでご一緒したのがご縁。
東京のロイヤルパークホテルのラウンジで「ことだまの女神」を聞き
その美しいことだまに、すっかりと魅了されてしまいました。


「透徹」という表現がぴったりの声と、特に、「あ」の発音が、私好みだったんですね。笑
 
「透徹」っていいですよね。
人は、みんな心のどこかに、「透徹」な部分を持っていて、
それが外に表現されると、「美しさ」や「感動」を生み出して・・・・
周りの人は、「自然時間」を過ごすことになる・・・。
 
「透徹」って、自然時間だと思います。
 
大人になるって
生きるって
なんだか、余計なものをどんどんとくっつけてしまうことも多いですね。
 
怒りをぶちまけるのも、不愉快さを顔に出すのも、「素直」だから? 
  
たしかにある一部分で見れば、それも「素直」と言えるのでしょうが、
宇宙の人類学者として見れば、ちょっと違うような・・・・。
 
なぜ、怒りがいっぱいになってしまうのでしょう。
なぜ、不愉快がいっぱいになってしまうのでしょう。
その怒りや、不愉快を感じることは、どこか個人のエゴが働いてくっつけてしまったものが
多いのかもしれませんね。
 
怒りをぶちまけて、不愉快さをばらまいて、その人自身が充実して楽しいのなら
それは、「素直」かもしれませんが、
多くは、誰かを責める思いが募って、さらに怒りが増したり、
罪悪感に押しつぶされたりすることの方が多いものです。
 
そして、「透徹」という感じとは、ずいぶんとかけ離れていきます。
 
私が綾乃さんに惹かれたのは、
心の中にある「透徹」さが音霊に現れていて、
その「透徹」さは、しっかりと、自分の人生を、自分で歩いている感じがするから。
 
一つの言葉、ひとつの仕草に「こころ」を感じます。
  
富山では、第1回時間をはずした日の祭り 
富山新聞社の 子守歌フェスタ
大島絵本館での ミニライブ に出演され、ファンも増えていますが
 
11月8日 楽しみにしてください。
透徹な歌声に、みなさんの細胞の一つ一つが、透徹さを取り戻していきますように・・・・。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>