ブログ

自画自賛

みなさん 自画自賛できますか?
 
ある方からメールをいただきました。
 
>私は、本当に一生を変えるかも知れない、大きな大きな「気づき」を
>あの藤田さんの講演から、頂きました。
>本当に、ありがとうございました。


そんなメッセージをいただいて、とても、とても「そうでしょう!」とは言えないのが自分。
でも、そうあって欲しいという思いをもって、講演したのも自分。
だから、思い通りになったことを喜んでいいはずなのに・・・・・・・
ホットはしますが、そりゃあそうでしょう! とは言えない。
人間って、複雑で不思議な生きものです。
 
「自画自賛」
自分で自分の価値を認めて、進んでいける質。
 
多くの人は、その質を使うことなく進んでいるのかもしれません。
 
あったとしても、それは、歪んだ不自然な社会から生まれる、囚われだったり。
自己への信頼は無いけれど、変な思いこみはしっかりあって、人を許せなくなる。
そんなパターンはよく見かけます。
  
自殺者の多い富山県。
自分に対して「無価値」というレッテルを貼る「癖」は、自殺者に共通する部分です。
 
まわりからみると、誰よりも輝きをたくさん持っていて
必要な人なのに、そう思いこんでいく・・・。 不思議ですね。
 
自分もまわりも、
仲良しな人も、そうでない人も、誰もが、かけがえのない存在。
その存在を楽しんで生きたいですね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>