ブログ

レベル

伝えることがスンナリ行くようでは、
伝えていることに新鮮さが無いのだから、開拓にはなっていない・・・・
だから、スンナリ行かないのが正解・・・・
 
とは、思いつつも、あんまりにも「わからずや」が多くて 笑
 
コズミックダイアリーも年を重ねるごとに、コピーも微妙に変化していますが
今年は「進化」を全面に打ち出しています。


最初は、「自然のリズムを戻そう!」 でした。
その次に、「死ぬほどシンクロが起きる!」 になって、
そして、「進化」
 
先日、こんな人に出会いました。
「コズミックダイアリーを使わなくても、シンクロは起きると思っているから」
 
そう。その通り。私たちは、シンクロの中に生きているわけですから、
コズミックダイアリーを使おうと、使わなかろうと、シンクロは起きています。
だから、起きるとか、起きないとかのレベルではありませんね。
  
でも!
シンクロにもいろんなレベルがあります。
 
その人が言うには、電話をかけようと思っていたら、かかってくるし・・・ と。
 
ん・・・・・
自然時間の法則に、
「シンクロニックオーダー」というのと、「テレパシックオーダー」というのがあります。
その程度は、「虫の知らせ」レベルで、日常、死ぬほど起きています。
 
でも、大切なのは、そこじゃないっ!
大切なのは、その虫の知らせが、
社会の為になり、未来の子供たちの為になり、人類の為になり、地球の為になることです。 
 
直感が直観になり、瞬時に本質を感じ、行動していくことができることを実現していくための
ツールなのですよ。
それは、社会に向けて一人一人が働いていくためのツールなんですよ。
 
コズミックダイアリーとは、一個人の、小さな小さなシンクロを求めるものではないのですよ。
ましてや、人間のエゴ、私利私欲を満たすためにあるものでもありません。
さらには、人との相性やその日のラッキー度を図るものでもありません!
 
ラッキーや棚ぼた、あるいは、宝くじが当たるとか・・・・
それは、単なる副産物であって、目的ではありませんよ。
 
地球も、環境も、経済も、健康も、街も 悲鳴を上げているときに
それだけで、いいのでしょうか?
人間は、そんな小さなシンクロだけを体験するために生まれたのでしょうか?
 
小さなシンクロをめいいっぱい楽しんで
もっと、大きなシンクロも起こしていきたくありませんか?
 
命とは、生かされているのですから。
生かされる存在に、精一杯のお返しをしていきたいと思うのですが・・・。
 
わからないから、辞めるのではなく
わからないから、わかるまで続けるのです。
  
それが運命の分かれ道。
 
・・・ということで、ロイヤルプリンセスを訪れる人の、大きなシンクロを求める人の密度は
かなり高い・・・笑 
 
みんなが、いっぱいに輝いて働いていけますように!!!!!!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>