ブログ

おまつり

中心商店街に来てから、7回目のお祭り。いろんな「恒例」に出会います。
 
毎年恒例だから・・・・と思って、指示しないと
やっぱりやってない、スタッフ・・・。 うん・・・・・・・。
ノー天気に御神輿をみている場合じゃなくて・・・。
この恒例は、ちょっと、いただけない恒例ですね。
 
そして、今年もやりました。手相。これも恒例。
機械で分析するのですが、毎回、その正確さには、頭が下がります。笑
 
毎年、ほぼ同じことを言われるのに、毎年受ける私たち。
 
まず一声。「結婚してる?」 これも恒例。
なぜなら、私には結婚線が何本もあるからです。笑
 
次もお決まり。「旦那さん、大変ね・・・」 
それは、専業主婦に収まらない手相だからです。笑
養う相が出ているのです。
 
で、毎回思うんですね。旦那さんも大変かもしれませんが、私も大変よ・・笑
 
おかしいなぁ・・・
平凡なサラリーマンのお嫁さんを夢見ていたはずだし
今でも、決して捨ててはいないのに・・・笑
 
人は、無いものに惹かれるとは、よく言いますが・・・。
 
・・・昨年、手相の列について順番待ちをしていたら、知人に見つかり
「鑑定士が手相受けるの?」と聞かれたことがあります。
 
そうそう、喜びの種まきだから・・・何か一つ、楽しむことを一滴落としておけば
波紋のように広がっていくかもしれないしね・・・・
そんなことを思うと楽しみで、楽しみたくなるだけです。
 
おまつり って。
普段の自分を解放して、「バカ」や「アホ」になって、思いっきり楽しむ時間のことです。
 
特に現代人は、あれやこれやと「考え」てばかりで、
その「考え」によって、自分で自分の首を絞めていることが多いですね。
損することも多くなってきているような気もします。
 
この「バカ」や「アホ」になることが、この時代を生き抜く知恵なのかもしれません。
 
かつて、中国で、鹿を馬だと言って献上されたとき、それを「馬」と答えたものは生かされ
「鹿」だと答えたものは暗殺されたと言われています。
 
自分だけが楽しむ・・というのは、ちょっと違う部分もあるかもしれませんが、
自分が楽しんで、周りも楽しませることができれば、
「バカ」でも「アホ」でもいいんじゃないでしょうか?
   
テレビでも、お笑いが増え、オバカユニットみたいなものも生まれているのも
大きな大きな過渡期の表れだと思いますよ。 生きる知恵なんですよね。
 
楽しみましょう~♪

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

おまつり” への2件のコメント

  1. 小百合様こんにちは。先日もありがとうございました。小百合様のブログ拝見させていただいています。とても穏やかで心清くなれます。陰陽バランスの病気、ためになりました。昨年交通事故にあって以来、背中と足腰がつらく、気持ちも滅入ります。陽の場所なので山に行きたいと思います。0学では今年浮遊です。地に足をつけるためにも山へ~感謝です。

  2. 礼子さん メッセージありがとうございます!
    背中と腰、早く楽になるように、お祈りしていますね☆ 
    素敵な時間へと繋がりますように・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>