ブログ

sakura-02.jpg富山も桜の季節になりましたね。
2月に熱海桜が満開だった景色を見てから2ヶ月
 
太陽の光と熱とエネルギーは、
日本列島をゆっくりと春色に・・・・。
 
桜を見ると いつも 思い出すものがいっぱい
不思議ですね・・・笑
 
10年くらい前、桜の「はかなさ」ばかりが
気になった時期がありました。
頑張って咲いているようにしか見えなかった。
 
その頑張りが空しさや哀れさを感じさせてなりませんでした。
それは、今思えば、自分が最高に頑張っていた頃です。
きっと、頑張り過ぎていたのでしょう。
 
その後、桜の「潔さ」に憧れてならなかった時期。
パッと咲いて、パッと散る
そんな生き方をしたいと思いました。
それは、自分がいつも思い悩む事が多い日々だった頃です。
いつまでも覚悟を決められない自分にそろそろ嫌気がさしていた頃です。
  
今は・・・・・
桜は自分の時間を悔いなく過ごしていると思います。
楽しんで咲き、楽しんで散っているのだと思えます。
純粋に、美しい と思えます。
  
そして、そんな桜を一人で見るのはもったいないと思ってしまいます。
 
あの人にも・・・・ あの人にも・・・ 見せてあげたい・・・・
あの人は喜ぶかな・・・・ あの人はどんな顔をするだろう・・・
いつか一緒に見られる日がくるといいね・・・・・・そんなこと。
 
sakura-04.jpg
 
皆さんの「桜」は、どんな「桜」ですか?
 
 
今日はラジオ収録の帰り、桜の木の下で、
こんな二人を見つけました。
 
  
皆さんにも、素敵な桜の木の下の思い出
たくさん生まれますように・・・・。
 
 
 
♪♪♪
桜の木の下で ただあなたを 思っている・・・
淡いピンクと白 見せてあげたい とてもきれい・・・
私は少し悲しい なぜ人には 終わりがあるの・・・
空 青い空に あなたはいる それは知っている・・・
 
散れ吹雪き 桜吹雪 すべてを連れて行け
散れ吹雪き 桜吹雪 すべてを変えて行け ♪♪♪ 
 
(山根麻以「桜の木の下で」 より)  
  
sakura-03-500.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>