ブログ

責任

b-usa17300.jpg
 
 
 
 
 
 
 
うーちゃんの具合が悪くなりました。これで1週間。
 
生まれたばかりの、うーちゃんが私の元にやってきたのは、3年前。
いろいろな事情の中で、やってきたのですが
かわいさよりも、不安の方が大きかったですね。
いきものを飼うことを経験しているからこそ
責任の方が、私には重かったのです。
何日も家を空けるときはどうするの?とか・・・・。
  
飼うということは、彼女(メスです笑)の人生と関わるということ。
食物連鎖の底辺にいるうさぎは、もともと弱いのに
ペットならなおさらのこと、与えられなければ死にます。
自分は与え続けることができるのか、
最後まで、自分が責任をもって関われるのかどうか、不安でした。
 
同じようなことが、オーラソーマコースにもあります。
多くの人は、ティーチャーとしてコース開催を行っていくのですが、
9年の間、私のモチベーションはそこには全く動きませんでした。
 
プラクティショナーを育てるだけでなく、その人達が、社会で活躍できるまでサポートを
していくのがオーラソーマコースなのですが、
自分の中には全くビジョンがありませんでした。
ビジョンの無いところには、動きようがない・・・というところでしょうか。
 
コースのオーガナイズには心ときめき、数年間、行いました。
それは、オーラソーマの本質を多くの人に伝えたい思いが強かったから。
でもそれは、「先生」になるよりは、一人ひとりとしっかり関わり、生み出したいものがある、
それが、社会に向けても多くのものを生み出せる、そう思っていたからです。
 
オーラソーマは、知識を入れるよりも、人生を生きることで
その本質を理解していけるもの。そう強く思うからです。
  
すると、先日、同じ想いの人にお会いしました。
妙に嬉しかったですね・・・・。
そして、不思議と、ふっと、自分に今までになかったビジョンが生まれました。
 
どちらも、縁あって私の元に。
新しいビジョンに向かって、新しい責任と共に関わっていく時間が始まったように思います。
 
皆さんは、どんなビジョンを描いていますか?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>